ニュース

NASAの発表内容!2017年2月22日は海や地球外生命体の発見か

こんにちは、チャッピです!

米航空宇宙局(NASA)が、2017年2月22日午後1時(日本時間にして2017年2月23日午前3時)に太陽系外惑星に関する新発見について重大発表することが明らかとなりました。

予想では、

  • 地球のような海がみつかったのではないか
  • 生命が育つ環境がみつかったのではないか
  • いや地球外生命体が発見されたのではないか

などなど様々な憶測が飛び交っています。

NASA自体も相当入念な準備をしての発表となることから、かなりの大発見であることが予想されます。

この記事では、発表内容の予想に加えて、実際のNASAの発表内容についてご報告していきたいと思います。

 

スポンサードリンク



2017年2月22日にNASAが重大発表!

まず、確認しておきたいことは、NASAが発表する内容が、

「系外惑星に関する重大発表」

という点です。

私たちが住んでいる地球は、太陽系の一部であることはご存知ですよね?

水、金、地、火、木・・・♪

っていうやつです。

また、地球は太陽の周りをまわっている「惑星」にあたります。

よって、今回発表される「系外惑星」とは、太陽系の外にある惑星いついての発表ということになるのです。

つまり、すぐに私たちの生活に影響してくるような話ではないということですね。

とはいっても、内容によっては将来的な科学の進歩によってはどうなるかわかりませんからね・・・

しっかり、発表内容を理解しておくことをお勧めします。

現在宇宙についてわかっていることを誤解を恐れずに大雑把に説明すると、

「地球に似ている惑星が存在している」

ということです。そこから発展して、地球と似ているのだから生命が存在する可能性があるだろうというのが大方の天文学者の見解です。

 

スポンサードリンク



ただ、今までは惑星の大きさや恒星(太陽系でいう太陽のこと)との距離など物理的な要素でのみ判断してきたわけです。

しかし、実際に生命が生存できる環境であるかどうかは別問題です。

たとえば、酸素がなければ生物はいきていけませんし、重力もなければならないのです。

ただ、現在では、そういった大気を構成する成分までわかるようになってきています。

よって、そういった物理的な指標だけでなく、環境的なところも含めて地球の環境とにていることが判明したとすれば、それは極めて生命体が存在する可能性が高いということになりますよね。

よって、ある惑星に海が存在したり、大気の環境が地球に似ていることが判明したとか、それを超えて地球外生命体が発見されたといういった情報であることもあり得ます。

そうなれば、私たちは今まで生きてきた中で、もっとも壮大な発見を目の当たりにするわけです。

興奮せずにはいられませんね(笑)

2017年2月22日の発表内容がどんなものなのか待ちきれません。

情報が入り次第更新していきたいと思いますので期待してお待ちください!

 

スポンサードリンク



関連記事

  1. エターナルラビリンス(エタラビ)が倒産!社長の船田正司は雇われで…
  2. 与島稜菜の顔画像などプロフィール!ツイッターやfacebookは…
  3. NHK山形のS副部長やA子さんはだれ?文春砲でパワハラで提訴が発…
  4. 海老蔵と小林麻央の引っ越し先(新居)はどこで理由は?高級マンショ…
  5. 木村拓哉が玉突き事故!画像は?記者会見で謝罪はあるの?
  6. アッキード事件とは誰から→週刊誌、文春ではなく詳細はネットから
  7. いそ小判海苔本舗の社長の名前や年齢は?会見インタビューの動画(画…
  8. 西川廣人(日産)CEOのwikiや経歴!大学は東大で開成の出身!…
PAGE TOP